カヤック修理

本格派カヤックは一生モノ

ソルマルツアーで使っているカヤックは、クローズドカヤック(リジットカヤック)です。

クローズドカヤックとは、下半身を艇のなかにもぐりこませて座り、漕いでいくカヤックです。

現在、色々な素材・形のクローズドカヤックが世に出ておりますが、
ソルマルで使っているカヤックは、
職人が一艇一艇ずつ丁寧に作ったFRP製の一体成型されたものです。

職人の魂や想いが込められたカヤックはとても美しく、軽く、そして頑丈です。

なにより、傷や穴が空いたときは、自分で修理ができます。


夏は連日ツアーに出て、手荒に使うこともしばしば。。。

今日は、しっかりと真水で海水・砂を落とし、メンテナンスを行いました。


カヤックの船底は岩場・浜辺に上陸する際どうしても擦ってしまい、
すり減ります。

薄くなった船底も修理しました。

簡単に説明するとガラス繊維のクロスを樹脂で固めた船なので、
修理にもガラスクロスと樹脂を使います。

まずはざっとサンドペーパーで削り、少しだけ凹凸があるようにしていきます。

傷やら穴があれば、パテで埋め、またサンドペーパーで綺麗にします。

そして、ガラスクロスを貼りゲル状の樹脂(硬化剤入り)を塗ります。

3~4枚のガラスクロスを貼り、気泡が入っているのを抜き、

硬化するまで待ちます。

硬化剤入りの樹脂は、硬化剤の量とお日様(熱)によって、固まるスピードが違います。

この日は風ビュービューでたまに青空が出るという、

まあFRP作業にはあまり良い日ではありませんでした。

すぐに固まってしまう樹脂は、時間との闘いでもあります。

なので、今日は奥さまにも手伝ってもらい、

二人三脚で一気にクロス貼り→樹脂ぬる→脱泡を行いました。

明日には完全に硬化するので、綺麗に磨いて終了です!

カヤックは自分でメンテナンスをすることが出来るため、

買ったら一生モノです。


ぜひ皆様、職人が丹精込めて作ったカヤックで、

私達が丁寧にメンテナンスしたカヤックで、

小笠原の海に遊びにいきましょう!!

ソルマル・ツアーのお問い合わせはこちら
http://ogasawara-solmar.com/contact-booking/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です