夏の終わり

最近の父島は北風が強く吹いてきました。
いまだにタンクトップを着ていますが、朝夜は少し寒いです。

夏、カヤックを漕いでいるとよくカツオドリが私達の上空を旋回します。

風に乗りながら、首を下にして、私達を見下ろしています。

体長は64~74cm、翼開長130~150cm、体重は約1kg

全身黒褐色で、腹部から翼、尾羽の基部にかけての下面は白く、コントラストがはっきりしています。

南島がコロニー(繁殖地)になっており、南島周辺はヒナとお父さん・お母さんたちで賑わっています。

卵を2個産みますが、1個目の卵が捕食・破損した時の保険のためで、

先に孵ったヒナは後に孵ったヒナを殺してしまうため、親鳥は1羽だけ育てることになります。

なお、ヒナは85~105日で巣立ちます。

すでに多くのヒナたちは、空を自由に飛び回っています。

白いモコモコの毛はなくなり、見た目は大人たちと変わりありません。

カツオドリのひな

父島・扇浦に冷たい北風が当たりはじめた今日この頃、

それは夏の終わりを告げています。

カツオドリたちで賑わっていた南島はとたんに静かになります。

そして、カツオドリたちに代わって

ザトウクジラたちがやってきます。

これから、冬はじまります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です