『冬の雨シトシトと降る』 2021.1.27

森歩き1日ツアー (東平・初寝山・桑の木山・傘山)

東京から1000キロ離れた小笠原諸島・父島。
たとえ冬でさえも1000キロ南に行けば暖かいでしょ~!?

否!!

今年は残念ながら寒いです!!
たとえ気象庁の発表する天気予報が降水確率0%といっていても、降る日が多く。
もうどのくらい太陽を浴びていないだろうか~と考えてしまうほどです。

ということで、今年の冬は雨具と暖かい恰好が必須となります。
どのくらい暖かい恰好が必要なのかというと、
日中だとマフラー巻く・ダウンを着るほどではない程度です。
朝夜は、東京本土と変わらない恰好でもよいでしょう。

さて、そんな準備さえ出来ていれば、
父島の森の中をのんびりと散策できます☆

ソルマルツアーでは、レンタル(無料)の雨合羽はご用意があります。
ぜひぜひ暖かい恰好で一緒に森歩きしましょう☆

今は私の好きな小笠原固有種・小指の爪先ほどしかない『ムニンタイトゴメ』も咲いていますよ~

本日ツアーご参加いただいたお客様へ!
ありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です