『海を眺める』 2020.9.14

カヤックからの景色

7月からすっかり更新が途絶えてしまっていた『のんびり日記』
「いやいや、のんびりしすぎでしょう」って自らツッコんでしまい、更新します(笑)

今年の7月・8月は台風の影響を受けることなく、
これ以上最高な海況はない!という日々がずっと続いていました。
おかげさまで世の中はコロナ禍ではありますが、小笠原でのコロナ感染の疑いもなく、
またご来島いただけるお客様にも多くのご協力をいただき、
少人数にてツアーの催行をしています。

さて、この写真は8月後半に島民と行った南島瀬戸付近です。
青い海と空のなかに1艇のカヤックが浮かぶ様子です。

海の青はすべて同じ青ではなく、刻々と変化していきます。
光の入り方、水底の様子によっても変化していきます。
空の青は空気中に漂う雲やチリによって変化していきます。

ということは、この風景は一期一会の風景なのです。

きっと同じような風景に出逢うことがあるかもしれませんが、
同じではありません。

そんな刻々と変化する風景をゆっくりと自分のペースで楽しむことが出来るポイントは
カヤックの大きなメリットだと思います。

ぜひみなさまも一期一会の風景に逢いに、カヤックに乗ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です