青 (day5)

私たち人間は、赤、青、緑を感知するために3種類の光受容錐体細胞を目のなかに持っています。

一方、鳥は4種類の錐体細胞をもっており、

その4つ目の錐体細胞がスペクトルの紫外線領域の感知を可能にしています。

また、鳥は人間よりも広い視界を持っています。

つまり、鳥から見る世界は人間のそれとまったく異なるのです。

鳥たちにとって、この青をいったいどのように見え、どのように探し出したのでしょうか。

正解は鳥に聞くしかないでしょう。

わからないからこそ想像してみる。

その過程が面白かったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です