グリーンフラッシュ

こんにちは。

私が小笠原に住んでいて良かったな~と思える瞬間は、

水平線から少しずつ昇る朝日や夕日を見ている時です。

特に、秋の空は空気が澄み、朝焼け・夕焼けが美しく、

また日の長かった夏から徐々に日没が早くなっていくため夕焼けはとくに意識しやすいです。

午後のツアー中は、紅く染まった空を見ることもあります。

先日は久しぶりに父島でグリーンフラッシュを見ました。

グリーンフラッシュとは光の屈折現象で

太陽が完全に沈む直前、または昇った直後に、緑色の光が一瞬輝いたようにまたたく、非常に稀な現象です。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』にもグリーンフラッシュが再現されているシーンがありましたね。

私の好きなシーンです(笑)

グリーンフラッシュは地平線や水平線で日没や日の出が見られ、空気の非常に澄んだ場所であることが

観測の最低条件ですが、その他の気象条件にも左右されるので、見られる確率はとても低いです。

ただ、確率が低いなりにも、小笠原はまだ見られる確率が高いと思います。

住んでいる私達でさえも、グリーンフラッシュが見れたらラッキーと思ってしまうほどです。

先日見たグリーンフラッシュをタイムラプスっぽく編集したので、見てみて下さい。

また、私が特に写真を撮っていて好きな時間は、日没後の薄明かりの時間帯です。

まるで魔法のように幻想的な芸術的写真が撮れてしまうことからマジックアワーとも言われます。

マジックアワー

今の時期、海が見える場所ではザトウクジラも見つけられます。

ザトウクジラの潮吹きを探しながら、紅く染まった空を見て贅沢な時間だと感じます。

それも、小笠原ののんびりした雰囲気のおかげなのかもしれませんね。

ご来島の際はぜひ☆

すだっち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です